SEO対策に必要なツール

 

 

SEO対策というか、サイトを作って検索上位にするためには自分の状況を把握することが大事ですし、そのためにしないといけないことをできる環境である必要がありますから、そのためのツールということかな。
無料・有料とありますがキチンと使えば無駄な出費にはなりませんのでよく考えてつかってくださいね。

 

まずは、自分のサイトがどれくらいのアクセス数なのかを知る必要があります。
PV数とアクセス数は違ってきます。
詳しいことは調べてくださいね。(分からないことを調べるのも勉強ですから)

 


 

無料ホームページの場合は使えないものもあります。

 

アフィリエイトのアクセストレード

 

 

レンタルサーバーの場合は、それぞれのサーバーでアクセス解析ができるはずです。
使い方は各々違いますので確認してくださいね。

 

【 アナリティクス 】

アクセス解析は「Googleアナリティクス」を使いましょう。(無料です)
解析用のタグを<head> </head>に埋め込む必要がありますので無料ホームページの場合は使えない可能性があります。
ワードプレスの場合はテーマの「外観」>「テーマの編集」>「テーマファイルのテーマヘッダー(header.php)」(これは右端)に埋め込んで「ファイルを更新」で完了です。

 

 

 

 

グーグルのアカウントが必要ですから持ってない場合は登録してください。

 

詳しい使い方を紹介しているページも沢山ありますので「Google アナリティクス 使い方」で調べてください。
色々なデータが分かりますのでサイト作りの参考にできるはずです。

 

【 サーチコンソール 】

Googleウェブマスター」から「search console」をクリックしてページに移動してください。
何に使うかというとサイトを更新しても検索エンジンに認識してもらえなければ検索対象として反映されないということです。
サイトの説明文(description)を変更しても検索ページ上では前のまま出ていたらせっかく上位に表示されてもスルーされるかも知れません。
それを防ぐため「インデックス登録」という処理をします。

 

 

サイトの確認を要求されますので無料ホームページでは使えないと思います。(調べてください。)
「ダッシュボード」>「クロール」>「Fetch as Google」から行います。(たまにエラーが続くことがあります)
ちなみに「ダッシュボード」へは、「HOME」でリンクされているウェブサイトのアドレスが表示されているのでそれをクリックすると移動します。
「詳細を表示」>「上位のページを確認」でアクセス数や検索の順位などが見れます。(GoogleAdSensの登録がいるかも知れません)

 

上記の二つの詳しい使い方は調べてください。

 

【 追記 】
「Fetch as Google」は、インデックス登録をするものではなく、インデックス登録をしてほしいとリクエストするものだそうです。
色々見てたらそうらしいです。リクエストを受けたからGoogleが分かりましたやっておきますではなく、お願いをしたという解釈です。
どっちにしても、しないよりはした方がましかな。

 

※Bingにも似たようなものがありますが使い始めたばかりなので説明は今後させていただきます。

 

 

 

 

【 検索順位チェックツール GRC 】

これは、絶対にお勧めです。
このツールは、簡単に言うと自分のサイト(自分以外もOKです)が任意のキーワードで検索した場合にどこら辺にいるかわかるツールです。
ただし、100位以内にいてないと101位以下のどこにいるかはわかりません。
検索キーワードの順位は「アフィリエイト 初心者」と「初心者 アフィリエイト」では違います。
プログラムは左から読みますから検索する順番で変わってくるのでしょう。(たぶん)
実際、順番が変わるとヒットするサイトの件数も違いますから中身は凄いんでしょうね。
基本、有料ですが無料で3件のURL、検索語数10件は利用できます。
一度試してみましょう。使う前に必ず「インデックス登録」をしておきましょう。(インデックス登録してないと自分のサイトタイトル直接入れてもスルーされるかも)

 

 SEOツールラボ  http://seopro.jp/

 

何故お勧めかと言いますと、自分のサイトが一桁の順位ってことは検索一枚目に表示されるってことです。
普通に検索してもわかりますが面倒でしょ?
有料だと一番高いのは無制限でいくつでも順位のチェックができます。
私のは下から二番目にしているのでURLが50件と検索語数が5000件です。(サイト自体が少ないので今はこれで)
検索語数も「アフィリエイト 初心者 稼ぐ」と複数個でも大丈夫です。
10位以内だと間違いなく最初のページに出てますから、頑張る意欲が増えます。
それでアクセスが少ないのはタイトルが悪いか説明が悪いのだと判断できますからどこをいじればいいかもわかりますよね。
色々試していけば、道は拓けるはずです。

 

アフィリエイトのアクセストレード

 

 

 

【 外注しよう 】

  • 文字数もそこそこ書いてるのに検索ランクが上がらない
  • 検索上位にあるのにアクセスが少ない
  • そこそこアクセスがあるのにクリック数が上がらない

そんなことありませんか?

 

それは何かが足りないんです。
長いだけの意味不明な文章やタイトル見ても何に関するサイトかわからなかったり、サイト開いてもすぐに閉じられたりしていては成果は上がりません。
自分が作って自分が確認しても、いいと思うんだけどなぁと自己満足で終わることが多いと思います。
そんな時は、誰かに同じテーマで書いてもらえば違いがわかります。

 

ここは思い切って、外注しよう。

 

お金をかけたら、その分取り戻せばいいんですよ。
これをきっかけに自分自身のスキルアップにもつながるはずですよ。

 

お勧めのサイトを紹介します。

 

【私も使ってます。クラウドワークス】

 

すごく助かっております。最初は不安だったのですが今まで使わなかったことを後悔しています。

 

【ビズシーク】

 

どんなツールもそうですが、自分がどう使うかです。

 

 

 

【検索ボリュームを調べよう】

 

月間の検索数を調べましょう。
広告を選んでサイトを作っても、そもそもターゲットにしているキーワードがどれくらい検索されているかによって見てもらえる可能性は大きく変わるからです。
月間100万件の検索ボリュームがあるキーワードと5000件しか検索されていないのでは雲泥の差です。
じゃぁ、どうやって調べればいいの?
今現在人気のあるキーワードを探すなら「Googleトレンド」で調べることができます。
任意のキーワードの検索数を知りたい方はコチラのページをご覧ください。

 



 

 

 

私は、有料のアイテムを使っております。
サイト作りに大変役に立っております。
無料で調べる方法はいくつかあるようですが、データがあっても正しく使えなければ無意味です。
如何に有効に使うかがアフィリエイトで成果を上げることにつながるかということですよね。
それがわからない人は、いくら頑張っても時間の無駄かも知れません。
何度も言いますが、お金をかけるべきところではキチンとお金をかけましょう。

 

 

【 画像を上手に使おう 】

 

サイトの構成上、画像は必要不可欠なものです。
だらだらと、文章ばかりが続くページなんて途中で飽きてしまいますよね。(内容にもよりますけど)
何かを説明するにしても、文章だけでなく画像も入れて説明するとユーザーにとって優しいということになります。
解説などをイラストにするのは、それなりの技術も必要ですが関連する画像などであれば提供しているサイトがありますから、そちらを利用しましょう。

 

 


 

無料・有料といくつもサイトはありますが、ある程度のサイトを作るようになれば無料ではちょっと厳しいかも知れませんね。

 

 

お金をかけないということは、一定の領域からは出ることができないということです。

 

【 中古ドメインを使おう 】

 

ツールと言えるかどうかわかりませんが、中古ドメインを使うのも検索上位にあげる手段の一つです。
中古ドメインとはその名の通り、現在使われていない(ドメイン自体は存在する)ページのドメインネームです。
何がいいかというと、ドメインは年季が入ってる方が検索上位に上がり易いということですね。
たまに、検索上位だけどクリックしたらページがないって出たことありませんか。
それは、サイトは閉鎖されてるけどアドレスだけは生きているってことですよね。
サイトを管理してる会社などがサイト閉めたのにドメインの利用料を引き落とされたりしてるのに気が付かなければそう言うことになります。
なんせ、年に一回数千円だと見落とす可能性はありますね。
で、その中古のドメインを売り買いできるということです。

 

 

 

一番のメリットはすぐに検索上位に上がる可能性が高いということらしいです。(まだ、使ったことがないです。)
そのかわり、すぐに落とされる可能性もあるそうです。
なので、中古ドメインを使う時はのんびり育てていくサイトではなく、一気に勝負に出る広告(季節商品など)を紹介する場合がいいようですね。

 

そんな中古ドメインを扱っているのがこちらのサイトです。

 

 

 

【 アクセス中古ドメイン 】



中古ドメインは、高額なものも沢山ありますので購入する際は気を付けてくださいね。
価格が高いから絶対アクセスが増えるという保証もありません。
サイトの注意事項をよく読んで検討してください。

 

 

【 共起語を探そう 】

 

共起語って知ってますか?
私も、アフィリエイトを始めるまで知りませんでしたし、始めた当初も知りませんでした。(友達に教えてもらいました。)
これって、SEO対策にはかなり重要なんですよ。(重要で亡くなったりするかも知れませんけど)

 

あるキーワードに関連性が強く、そのキーワードと一緒に文章の中で使われている言葉です。(簡単に説明)
例えば、アフィリエイトの共起語の上位10個は、投資・FX・サイト・会社・ブログ・口座・広告・報酬・初心者・証券です。
アフィリエイトについて書かれているサイトの文章によく出てくるのがこのワードになるので、検索順位の要素としてこの言葉が多く使われているとアフィリエイトについての記事だと判断するのでしょう。

 

 



 

 

ちなみにアフィリエイトで検索した時の関連候補は、アフィリエイトとは・始め方・危険・アフィリエイトb・ブログ・ブログ おすすめ・ブログ作り方・アフィリエイト広告・始め方 無料・始め方 ブログ・始め方 a8です。

 

明らかに違いますね。
metaのkeywordは関連候補で、記事の本文中には共起語を入れたほうが検索上位に行く確率が高くなるらしいです。

 

では、共起語はどうやって調べればいいのか。

 

ちゃんと、無料ツールがありますよ。

 

サクラサクLABO(ラボ)Light

 

無料で使えちゃいますよ。
「共起語を探す」「キーワードを探す」という項目がありますからそこをクリックしてください。
会員登録しないとダメですよ。(だったはず)

 

一日の利用制限もありますので確認してください。

 


 

 

 

Jetpack(サイト統計情報)


こちらはワードプレスのプラグインになります。
私も、最近見つけました。
アクセス解析を、サイト自身と「https://wordpress.com/」で確認できます。
どの検索エンジン経由で来たかなどもわかるようですね。
まだ、入れたてなので完全に把握しておりません。(完全に把握してるのってあるのか?)
ワードプレスの「メニュー」>「プラグイン」>「新規追加」で「Jetpack」を検索してください。
インストール>設定で特に何もすることはありません。
サイト内部のみとhttps://wordpress.com/で複数サイトの管理ができるようです。
有料もありますが、無料ので十分でしょう。

 

 

各ページの表示数もわかります。
国は分かりますが、さすがに都市までは分かりませんね。(有料ならわかるかも)
アナリティクスは、都市まで分かりますけどね。
是非、お試しください。